法人概要

法人概要

名称 特定非営利活動法人MP研究会
英文名称 Non Profit Organization MPKEN
設立 2005年4月1日
創立者 宮本宜明
代表理事 梅田英樹(2014年12月~現在)
所在地 〒102-0083

東京都千代田区麹町3-4

トラスティ麹町ビル内 裏2F

TEL03-3556-2344 FAX03-3556-2494
事業内容
  1. 主にASEAN諸国の人々に対して、様々な活動を通じて、文化、教育、人権及び生活環境等の向上を図るとともに、これらの人々に対する国内外における雇用機会の拡充を支援することを通じて、国際協力の活動に寄与する。
    • 職業訓練活動
    • 農業技術移転支援活動
    • 井戸の掘削による生活向上支援事業
    • オリジナルの絵本の配布事業
    • 音楽教育支援事業
    • 絵画教育支援事業
    • 日本の文化普及・啓発事業
    • 国内外にわたる職業支援事業
アクセス

有楽町線 麹町駅3番出口より徒歩1分

沿革

沿革

当法人は、「株式会社ミクプランニング」の代表であった創立者の宮本宜明氏が、1988年のニューヨークへの社員旅行の際にフィランソロピー活動を知ることに始まります。


当初は、社員有志による募金をNGO団体への資金援助という形で行われていましたが、1996年からは社内に「MP研究会」を発足させ、


地球で活動する(地球は丸い)、

 

未来を見つめる若者を支援する、

 

自らの意志で活動する、


をキーワードとして独自の活動を始めました。


この理念の下、2006年からは『教育』と『交流』を主なテーマにASEAN諸国での活動を続けています。




   ※ 当法人の名前であるMP研究会の『MP』は「株式会社ミクプランニング(MikPlanning)」の『M』と、


      フィランソロピー(Philanthropy)の『P』が由来となっております。

沿革

沿革

2015年 カンボジア シェムリアップ近郊
小学校への堆肥場・焼却炉提供ボランティア
ベトナム ハノイの大学で日本語教育プロジェクト 開始
2014年 日本 アセアン日本料理教室 開始
有料職業紹介事業 開始
カンボジア KIZUNAフェスティバル2014にて日本料理教室 開講
2013年 タイ チェンマイ 伝統音楽教室プロジェクト 開始
2012年 タイ カヤック教室サポートプロジェクト 開始
日本 留学生就活支援勉強会 開始
(2015年7月現在、第7期)
2011年 カンボジア シェムリアップ近郊 共同試験農場視察・農業指導及び井戸支援
ベトナム ハイズン省 3月8日女性の為の職業推進センター 
技術訓練 刺繍コース 開始
タイ チェンマイ 絵画教室プロジェクト 開始
2010年 カンボジア シェムリアップ近郊 共同試験農場設立による生活改善支援事業
2009年 カンボジア 生活水確保支援事業への支援
バングラディシュ ストリートチルドレンに対するエクマットラアカデミー運営支援 開始
2008年 ベトナム ハノイ事務所 開設
ハイズン省 3月8日女性の為の職業推進センター 
技術訓練 飾り物コース 開始
ハノイ 交通安全キャンペーン 開始
タイ チェンマイ 音楽コース開講
2007年 ベトナム ベトナム国際NGOを登録
ハイズン省 3月8日女性の為の職業推進センター
技術訓練 編物コース 開始
2005年 カンボジア 農業支援のために54村 2400世帯に 種籾を配布
日本 NPO法人として東京都認証
2003年 カンボジア カンボジア ツバイリエン 農業用の井戸掘削支援
2001年 ラオス ラオス
オリジナル絵本を制作、ラオス全土の学校・図書館に5,000冊配布
1997年 ラオス 子供文化センターと図書館を設立支援
1996年 日本 MP研究会 発足
1988年 日本 株式会社ミクプランニングの社員有志の募金によるフィランソロピー活動が始まる

いまなぜASEANか?

いまなぜASEANか?

ASEAN現地でのNGO活動からえられたこと

MP研究会は、1997年から現在に至るまで継続して、タイ・ラオス・カンボジア・ベトナムといったASEAN諸国でNGO活動を実施しています。
15年以上にわたる現地での活動は、私たちに多くの学びを与えてくれました。
文化、歴史、言語、社会構造が全く異なる国々での活動を経て、MP研究会は多様な環境の中でも、現地のニーズに根差した活動をすることに強みを持っています。

今、ASEANで必要な支援とは

ASEANの国々は、幾度にもわたる世界的な経済不況をたくましく乗り越え、今まさに経済発展の真っただ中にいます。
しかし、それは多くの国では都市に限られたものであり、農村においてはまだまだ発展に取り残された人々がいることを、私たちは実際に目にしてきました。
私たちは、国際NGOとして、教育や職業訓練といった育成事業を行うことで、その国の将来を継続的に支えられる人材の自立を支援しています。

日本国内でもASEANの発展を支援します

ASEAN地域の発展とともに、ASEANから日本を訪れる留学生は急激に増加しています。
日本の将来を考えたとき、日本はASEANの人々の協力が不可欠です。
MP研究会は、日本在住の優秀なASEAN留学生を育成し、日本とASEANの結びつきをより強固にするべく活動しています。

ASEAN現地でのNGO活動からえられたこと

スタッフ紹介

ASEAN人スタッフのご紹介

  • Phan Phuong Mai

    PHAN PHUONG MAIファン フォン マイ

    Profile

    • 2007年:
    • 2008年:
    • 2011年:
    • 2013年:
    • 2015年:

    MPKENでの役割:

    学生時代の就活経験と前職での人事経験を活かして、MPKENでは学生の就職支援と就活支援勉強会の広報・連絡係を担当しています。

    学生へのメッセージ:

    日本での就職活動や社会人生活について分からないことがいっぱいあって、色々不安を持っているかと思いますが、それぞれの不安を一緒に解消しながら、皆さんの側でずっと応援したいと思いますので、いつでも気軽に相談して下さい♪

  • Be Minh Nhat

    BE MINH NHATべ ミン ニャット

    Profile

    • 2008年:
    • 2012年:
    • 2014年:
    • 2015年:

    MPKENでの役割:

    日系企業での就業経験や語学を活かして、
    学生の就職支援と海外での活動に携わっています。

    学生へのメッセージ:

    私は「縁」というものを信じています。
    憧れていた会社から内定を貰った時の学生たちの目、 日本で売られる綺麗な刺繍の洋服を作ったベトナムの農村女性達の笑顔を見て、すべては素晴らしい出逢いだと感じました。「いつどこで、誰が誰と、どんな出逢いをするか」が大事なのだと思います。あなたがMPKENの事を知ったこと、このメッセージを読んだことも、良い出逢いなのかもしれませんね!

  • 日本人スタッフのご紹介

    他にもMP研究会には、様々な経験、特技を持ったスタッフが多数在籍しております。


    人材教育・開発・紹介業での経験豊富なスタッフはもちろん、英語だけでなくインドネシア語・タイ語が話せるスタッフ、入管手続の専門家や日本語教員、調理師免許を持つ者など、話題には事欠かない面々がみなさんをお迎えします。